ホーム cafe 京都スターバックス ほんとにスタバ?

京都スターバックス ほんとにスタバ?

147
シェア

雨の日はカフェでリラックスするが一番ですよね。
特に京都の雨の日は、茶室に隠れて一休みすることがまた味わいを感じられます。
京都にはユニークな場所がたくさんあり、ここでしか味わえない体験ができます。
今回紹介する「スターバックス京都二寧坂ヤサカ茶屋店」は昔の日本にタイムスリップしたかのようなお店です。

スターバックス京都二寧坂ヤサカ茶屋店

このお店はいくつもの特徴があります。
まず第一に、お店がリアルに古都京都に馴染んでいます。
他の町で見かける「スターバックス」はどどん!っと緑のブランドロゴがアピールをしていますが、ここではそのロゴも京都らしい高級感が漂っていました。
その品位を保つため、待ちの行列も作ってはいけないみたいで、僕たちが行ったときはもう満席だったので、入店をストップしていました。

とても暖かい

店内は非常に合理的なプロセスでお客さんを案内していました。
僕たちはヘッドセットをつけた女性スタッフに従ってきれいな注文カウンターに向かいました。
飲み物を受け取った後、ヘッドセットの女性が再び現れ、僕たちの靴を脱ぐように言いました。

 

座席

二階席からの眺めは最高

2階にあがると、京都の町並み、繁華街とかつての名残があるストリートが見えます。
部屋はすばらしいデザインで、京都らしい落ち着いた雰囲気でした。雰囲気を壊さないようにゴミ箱でさえもこだわりを貫いていました。

客層はばらばらで、畳に座っているグループ、個室で静かに過ごしているグループ、さらには別の個室では一緒に暖かな時間を過ごす家族さえいました。
スタッフはこのエリアは満席ですと言っていましたが、それは都心では良くあるスタバのいつもの光景。すぐにあいている席を見つけて、僕はガールフレンドとコーヒーを楽しむことができました。

そういえばヘッドセットのスタッフは誰と話していたんだろ?

 

コーヒー

スターバックス京都二寧坂ヤサカ茶屋店は、凄く面白い場所にあるけど、それもまたスターバックス。それが好きか嫌いかは、コーヒーが好きか嫌いかという話と同じことです。
個人的にはここのお店のスタッフは飲み物の提供がとても素晴らしかったですし、お店の雰囲気は僕の人生史上最高のスターバックスでした。

そして、スターバックス京都二寧坂ヤサカ茶屋店というタイムマシンに乗って、歴史を感じる旅が終了した。

と思ったら本当のクライマックスはここから?

京都東山の二年坂・三年坂

ここはいつの時代ですか?

夕暮れの雨の中、二年坂 三年坂を歩くことは、たぶん今回の京都の旅の最高の思い出であり
何のために僕が日本にいるのか、その答えがそこにはあったかもしれません。

日本といえばどんなイメージ?と聞かれた時、まず最初にこのような光景が思い浮かびます。
日本最古の寺院の間に囲まれたこの場所は、歴史を感じられる方法としてそのままの形で残されています。
でも、このように昔の京都をちゃんと守っているけど、どこか近代的な雰囲気もあります。不思議だ京都。

 

皆さんに少しでも共感してもらえるように、何枚か写真をアップしておきますね。
でもここがどこかはあえて紹介しません。それは人それぞれの体験から発見できるものですから。