ホーム bar 外国人が横丁を体験してみた【 恵比寿横丁 編 】

外国人が横丁を体験してみた【 恵比寿横丁 編 】

115
シェア

先週、恵比寿の最高にやばいバーに行ったので、僕たちは元気を回復したと強く感じました。 なので今回はお酒に焦点を当てるのではなく、「横丁」小さな飲食店が立ち並ぶストリートの紹介です。以前に素晴らしいところだと聞いていたのでその真相を確かめてみたいと思います。

今回紹介する「恵比寿横丁」こちら東京の恵比寿駅の南口からわずか3分ですが、知らないとちょっと分かりづらい所かもしれません。ちなみに入り口はストリートの両端2箇所あります。

それは外からはかなり静かな感じですが、足を踏み入れてみると・・・

 

僕たちは7時30分ちょうどに到着しましたがすでに人があふれていました。

食事をする場所は約8〜9ヵ所ありましたが、その大半は満員でした。僕たちは何とかお好み焼き、焼きそばなど有名なお店に座ることができました。

おいしい日本ソウルフードを注文した後、ドラフトビールで乾杯して楽しい夜がスタート。

横丁のいいところは、外国人にとって非常に歓迎される場所だと言うことです。夜があけるまでに、僕たちは違うエリアで3人のスタッフと話をしましたが、全員英語をある程度話すことができました。 たとえ英語メニューがないところで食事をしても、スタッフがちゃんと丁寧に説明してくれます。

ちょっとの飲み物で食事を楽しんだ後、僕たちはギガサイズのお酒で有名な立ち飲み屋に行きました。マイクと僕は最初から我慢ができませんでした。気づけば二人とも儀がサイズのグレープフルーツとマンゴーのハイボールを両手に持っていました。

ハイボールを飲み干すと・・・気分はかなりMAXで・・・その後は覚えていません(笑

恵比寿横丁は迷子になる絶好の場所です。

僕たちはおいしい屋台を色々と試してみて、ギガハイボールを飲んで、素晴らしい夜を過ごしました。

僕たちは横丁の食事と雰囲気を十分に楽しんだけど、これはまだ氷山の一角。次回は、今回いけなかったお店(特にあぶり肉寿司のお店)に行ってみたい。いや、行きます!

お楽しみに!!